エアコンメンテナンス

買い替えるその前に!エアコントラブルは専門業者にお任せ

「エアコンの効きが悪い」「送風状態になる」「エアコンから水漏れする」「突然電源が落ちる」
お使いのエアコンに気になる症状が表れたら、ご自身で判断せずに専門業者に相談しましょう。

また、新しく取り付けたばかり(2~3年)にも関わらず不調が続く場合は、本体の不良ではなく施工不良の可能性があります。
原因を正しく見極め、その症状に合わせた対処を行うことですっかり直ることも◎

買い替えを行うその前に、以下のような症状が見られたら、エアコンの専門業者である当社にご相談ください。

 

◎こんな症状はSOSサイン

□エアコンの風がカビ臭い
□室内機・室外機から異音がする
□温風・冷風が出ずに送風状態になる
□フィルターを掃除してランプが点滅する
□エアコンから水漏れしている
□エアコンの電源が突然落ちる
など

 

◎業務用エアコンの定期点検が義務化されました

フロン排出抑制法の改正に伴い、2015年4月より業務用エアコンの定期点検が義務化されています。
フロン類が充填されている第一種特定製品(業務用エアコン・業務用冷凍空調機器)の管理者が対象です。

当社では法令順守による定期点検とともに、パーツ交換やエアコン洗浄なども一貫してお請けいたします。
エアコン取り付けからメンテナンス・クリーニングまで任せられるエアコン業者をお探しなら、ぜひ当社にご連絡ください。

【エアコンの点検頻度】
□50KW以上の機器 → 1年に1回以上
□7.5KW以上~50KW未満の機器 → 3年に1回以上

【フロン回収・破壊法について】
オゾン層破壊や地球温暖化の原因になることから問題視されているフロン。
しかしその反面、優れた性質をもっていることから、ビル空調・業務用エアコンをはじめ、食品のショーケースや業務用冷凍空調機器など、様々な機器に使用されています。

フロン回収・破壊法に基づき、フロンが使われている機器の定期点検が必要で、適切に回収しなければいけません。
フロンの回収・破壊は都道府県知事の登録を受けている当社にお任せください。

□第一種フロン類充填回収業者登録 京都府知事(登‐28)第2611727号
□第一種フロン類充填回収業者登録 大阪府知事(登一回)第3452号
□第一種フロン類充填回収業者登録 兵庫県知事 兵庫第281000909号
□第一種フロン類充填回収業者登録 滋賀県知事 登録番号25A16121375 

フロンについてより詳しくはこちらから≫フロンガスの破壊処理

~ご相談・お見積り無料~
【代表直通】 090-2015-4887
【事務所】 075-661-6457
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 京都市を中心に、京都・大阪・兵庫・滋賀までお伺い

エアコン取付・取外≫ エアコンメンテナンス≫ エアコン洗浄・クリーニング≫ エアコン販売≫ その他電気工事≫ フロンガスの破壊処理≫ マイクロバブル設置・施工≫

一覧ページに戻る

無料見積り依頼
施工事例
会社概要
ファーベル日記